買い物依存症で借金

私が借金をして大変だったのは、3年前です。
3年前私は、とつぜん、遊びでクレジットカードを彼氏が作りました。

私の彼氏は生活保護で、借金は禁止されています。
ですが、カードをつくったら、作れたのです。

ですので、カードをたくさんつくりました。
中には、ポイントが8000円もつくカードもあり、作りました。

そしたら、彼氏が買い物依存症になって、ばんばんリボ払いで買い物をするようになってしまったのです。
総額は300万円。

すごい借金です。
もともと、借金が100万円あったのですが、生活保護になる前の、生活が困っていたときの借金でした。

買い物依存症はすさまじく、300万円も洋服やアクセサリーを買って、どうしようというのか、私には理解不能でした。
ですが、彼氏は、返せる、返せるといいながら、買い物をしていました。

結局、義母が弁護士事務所に相談に行ったのですが、自己破産もできないということをいわれてしまいました。
自己破産もできないので、自分たちで返すしかありません。

しかたなく、こつこつお金をためて、借金を返しました。
返済には3年ぐらいかかりました。

いまでは、そのときに身についた節約術で、貯金が200マンぐらいあります。

借金に対する意識を彼氏から学びました

私の彼氏は借金をしていました。
今では別れてしまった彼氏ですが、借金をしていても焦燥感無く生活ができており、借金とはそこまで怖い物ではないとのイメージを受けました。

彼氏が借金をしていると知るまでの私は、借金とは借り入れてしまったら最後、金利が雪だるま式に膨れ上がり返済不能となってしまう恐ろしい物、と思っていたのですが彼氏の悠々とした生活ぶりを見て、考えを改めました。
彼氏は借金がありながらも、ギャンブルを楽しみますし、インターネットのオンラインゲームに課金をしますし、タバコもお酒も行い、外食もどんどんしますし、更に交際費はあまり惜しみません。

たまに電気や水道が止められたりもしますが、すぐにお金を支払って解決していました。
携帯電話の料金は支払えていましたが、パソコンのインターネット通信料金は支払い不能で止められていました。

そんな生活ですが、毎日の生活においてお金が無くて悲しい、お金が無いから不幸、お金が無いから節約をしなくては、といった焦燥感が無い様子を彼から感じました。
借金がなくても、お金について悩みながら生活をしている人もおれば、私の元彼氏のように借金があっても全く悩まないで生活をしている人もいますね。

軽率な借り入れは禁物!借金返済の心得

どうしてもお金が無いときに頼る手段が、借金です。
どんなに親しい間柄でも借金だけはしたくないという方は、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを活用するのが賢明です。

簡単な手続きで素早く借り入れを利用することができるうえに、金銭関係で友情にひびを入れてしまう心配もありません。
ただし、業者からお金を借りたときは、必ず返済日を厳守することが大切です。

どんな理由であっても、返済が遅れれば即座に一括返済を迫られる可能性がありますし、金融トラブルを起こした要注意人物としてブラックリストに名前が記録されてしまう可能性もあります。
返済日と返済金は必ず守って、健全な利用を心がけましょう。

無理なく返済を続けていける返済額の目安は、毎月の収入の1割が目安といわれています。
1割なら以前と同じ生活スタイルのまま返済が続けられ、返済額が2割になると生活を切り詰める必要が生まれ、3割にまで達すると借金返済を第一に生活を送らなければならなくなります。

借りられるだけ借りてしまうような真似は、自殺行為に等しいかり方です。
借金を申し込むときは使途や使用目的をはっきりとさせ、必要最低限の金額のみ借りることが、無理のない返済をするための基本となります。
即日融資してもらえるキャッシング

生活苦で借金をしても光は見えてくる

生活苦で借金をしているのですが返済に首が回らなくなる月がほとんどです。
ぎりぎりまで切り詰めてなんとか返済をしようとあらゆるものを売りさばきました。

着物を集めるのが好きだったのですがそれも全て売ってしまって趣味で楽しんでいるものはありません。
借りた者の責任としてできる限り努力をするのは当たり前です。

そうまでしてでも返せなくなってしまったお金は返済が遅れることも度々あります。
水道ガス電気代を払わなければ生活できなくなってしまうので消費者金融に電話をかけて事情を説明しているのでした。

ことあるごとにそのような形になれば風当たりもきつくなるし信用もなくなってきます。
貸してくれるところがなくなったら年金生活者はこれから先の借り入れが厳しいことも予想できるのでつてを頼ってでも必死に返しているのでした。

その甲斐もあり借金も大分減ってきて毎月の返済も楽になってきたのです。
一時期は自己破産しようかの瀬戸際までいったのですが借りたお金は返すべきだいう主人の支えによりここまで来ることができました。

一月に現在は一万円ずつ返済しているので生活費が圧迫されることもありません。
このペースを狂わせないようにしていれば必ず光は見えてくるものです。